【海外の反応】米国人女性「野蛮な自分が恥ずかしい…」米国人女性が気づいた日本と母国の違いとは?【日本人も知らない真のニッポン】 | 日本人も知らない 真のニッポン



タイトル:【海外の反応】米国人女性「野蛮な自分が恥ずかしい…」米国人女性が気づいた日本と母国の違いとは?【日本人も知らない真のニッポン】
チャンネル名:日本人も知らない 真のニッポン
ID:E9BnmkyWaLg
チャンネルID:UCOySMx7ZIcrYpbXprsmzlfg

コメント一覧
超雲黒斎:いやいや、日本にもポイ捨てまだまだあります。恥ずかしい限りです。ありがとう。
浪速っ子:昨日、中学生だと思われる制服着た男女8人くらいが
前を横1列に並んで歩道を歩いてて
そんな光景久しぶりに見たから驚いて
チャリ乗ってた自分はベル鳴らそうかと思ったけど
鳴らさずグルッと回って走ったんだ
親や学校はどんな教育してんだ!?って思ったよ
2~3人で3列ぐらい並んで歩けよ、全く
葉月七菜:言わないから納得して屈服していると思われる
我慢の限界、譲れない一線を越えた途端完全に見限り以後全く相手にしないか徹底排除する
そこまでするくらい怒ってるならどうして言わないの?
馬鹿だから言うがままになってると思ったけど、どうしてここまで怒るの?
限られた土地で共存を選んだ時点でお互いを思いやり無用なトラブルや殺し合いを避けた文明と
自己を主張し実力で排除、排除された方も逃げる広大な場所があったかの違い
やればやり返される殺伐とした世の中を嫌った国民性
そして、お米の国が日本人の生存権を断ち切る譲れない一線を越えたので、国民一丸となって反撃に転じたら
世界から悪と断じられ、反撃をする爪を抜かれ牙を折られたのが現代日本
勝たなくても引き分けの現状維持に持ち込まなければ
生きていけない状況だったので退路を断って死に物狂いで応戦されたのが理解できず恐ろしかったので
常に民族として越えられない一線を見極めながら飢えさせず、物質的に豊かにするという首輪を付けられているが
生粋の日本人は越えられない一線を越えるまでは常に他人に寛容だけど
そんなところが美しく見えるんでしょうね

コメントを残す

匿名でコメントできます!

メールアドレスが公開されることはありません。